しかし、まさか・・・昨日、パチンコに勝つ夢をみるとは・・・
 パチンコの洗脳は恐ろしい。

 実際、夢の中で自分が特殊景品を換金して1万円札をたくさん得るシーンまで鮮明だった。

 そのうち夢で実はあの店の角台にボーダーライン以上の勝てるパチンコ台や設定6のパチスロが据え置きされているからアサイチで狙え!みたいな啓示というか予言みたいな正夢?を信じてしまうかも??

 パチンコ依存症が深刻化するとよく、パチンコ店で自分が大きく勝つ夢を見るようになって、夢の中で出る台を自分が実際に選んで勝つシーンが増える・・・なんていうが、もう、かなり、こうなれば危ないといえば危ない。

 パチンコに勝った夢を見て、その内容を自分で覚えていて、気がつくと仕事をサボってアサイチでパチンコやパチスロをしていた。

 こんな体験の人も絶対にいるといえばいるはず。
 だいたい、パチンコやパチスロで勝つ夢というのは実は正夢ではなくて、悪夢の始まりで夢の中でパチンコやパチスロに勝っても現実では大負けすることが異常に多いみたいですよ。

 そもそもパチンコやパチスロに勝つような夢というのは典型的なギャンブル依存症の人が繰り返しみる夢で完全に脳がパチンコに洗脳されている兆候らしいです。


 実際、パチンコで大負けして、パチンコ店の店内やトイレで怖い体験で暴力沙汰や殺人事件とか自殺事件の悪夢みたいな夢をパチンコ依存症の人もみることがあるが、多くは勝った時の快感で玉やメダルがあふれ返っている夢ばっかりだったりするようですし・・・

 ああ、自分も実は勝った体験が洗脳体験のように脳の中に残っていて、全くパチンコやパチスロを何かの弾みで夢で勝ったので現実で勝てると考えて当たるまでやる・・・という体験を何度となく、スリップする可能性もまだ大きいと考えると、怖くなった。

 パチンコのせいで脳がおかしくなると夢の中でもパチンコに勝った都合のいい体験がふとフラッシュバックして心が操られるものだと考えてしまったのだが・・・

 自分と同じような体験をパチンコ依存症の人も書いていて夢で自分がパチンコで大勝ちするシーンが鮮明に出てくるシーンを克明に覚えているようなことがよくある・・・なんていうのは嘘じゃないか?と思っていたが、どうも本当みたいですね。

 となれば・・・
 我ながら恐ろしくなりました。

 これぞパチンコの洗脳のせいで夢にまでパチンコで勝ってしまう体験が入り込んでいるような恐怖の光景なんでしょうね・・・

 パチンコで勝つ夢をみたから今日は勝てる!とオカルトを信じて実際に朝からパチンコ店に並んで整理券の人は極めて精神的に危ないような気がしましたね。

 いくら貯金が増えて借金の総額が減ってもパチンコで勝つ夢を自分が見るというのは依存症はまだ完全に克服したとはいえない危うい立場で脆弱だということでしょうね。

 自分はまだ、実はパチンコ依存症も完全に治っていなくて潜在的に依存症の兆候はたくさんあるのだ・・・とあらためて認識しました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
禁パチ仲間のために!